住宅ローンのご相談|ネクストホープ不動産販売 > NEXT HOPE株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の簡易査定と訪問査定とは?それぞれの特徴を解説

不動産売却の簡易査定と訪問査定とは?それぞれの特徴を解説

≪ 前へ|家を任意売却するとはどういうものか?競売との違いも解説   記事一覧   不動産売却における専任媒介とは?メリット・デメリットや注意点も解説!|次へ ≫

不動産売却の簡易査定と訪問査定とは?それぞれの特徴を解説

不動産売却をおこなうにあたって、まずは自分の家がいくらで売れそうなのかをプロに査定してもらわなければいけません。
査定は大きく分けて2種類あり、簡易査定と訪問査定というものがあります。
まずは簡易査定を受けたあと、訪問査定を受けるのが一般的な流れですが、それぞれどういうもので、どのようなメリットとデメリットがあるのかをわかりやすくご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における簡易査定と訪問査定の特徴

不動産売却における簡易査定と訪問査定の特徴

最初にそれぞれの査定の特徴についてお伝えします。

簡易査定の特徴

簡易査定は机上査定とも呼ばれる査定方法のことで、周辺の地価や同じマンション内での過去の取引事例、築年数のほかに、立地などを見て査定することです。
簡易査定では実際にその物件を見ることなく、さまざまなデータから判断することが特徴です。
同じ棟内の過去の記録などからある程度売価が推測できるため、一般的には一戸建てよりもマンションの方が精度の高い査定結果を出すことができます。
とくに複雑な書類も必要なく、住所や築年数などのかんたんな情報を伝えるだけで査定結果を得ることができます。
不動産会社が物件を見なくても査定できる理由は、「レインズ」というサイトを利用しているからです。
レインズとは、不動産会社だけが閲覧できるサイトのことで、ここに過去の不動産売買の取引情報が掲載されています。
その情報と比較して、簡易査定で想定される売却金額を導き出しているのです。

訪問査定の特徴

訪問査定とは、簡易査定でも使用したデータをもとに、実際に物件を見て査定することを言います。
簡易査定では事前の情報でしか判断できず、現地で確認しなければわからないことも多いです。
訪問査定で調査されるポイントの一例をご紹介します。

●日当たり
●眺望
●実際の間取り
●物件内外の雰囲気や痛み具合
●リフォームの状況
●建具の建て付けや傾き
●室内・室外設備(床暖房・食洗機・水回りの機能など)
●外壁や基礎の状況
●駐車場などのスペース
●隣地や境界、接道(一戸建ての場合)


このような項目をプロの視点で調査し、過去の経験や情報からいくらで販売すると売れそうか、査定金額を導き出すのです。

不動産売却における簡易査定のメリットとデメリット

不動産売却における簡易査定のメリットとデメリット

簡易査定ではまだ売却するかどうかを決める前の段階、もしくは売却を決めていてもまずは簡易査定から始める方が多いです。
簡易査定を利用することのメリットとデメリットを順番にご紹介します。

簡易査定のメリット

気軽に査定してもらえる
簡易査定では誰かを家に入れる必要もなく、書類の準備も必要ありません。
不動産会社と直接面談をする必要すらありません。
まだ不動産を売却すると決まっていなくても、いくらで売却できるのか目安を知るためだけにも利用可能です。
難しいことは必要なく、聞かれた情報に答えるだけで、おおよその売却価格を知れるのはメリットです。
簡易査定だけ受けて、やっぱり売却しないという結論にされる方も多いです。

査定結果がすぐわかる
簡易査定ではさまざまなデータと照らし合わせて、不動産の売却価格を査定するだけなので、査定結果は比較的早くわかります。
物件の状況などにもよって違いますが、最短で数時間から1日程度で結果を知ることができます。
聞いてすぐに返事をもらえるので、待ち時間の長さにモヤモヤすることも少ないでしょう。

売却しようとしていることを知られない
はっきりと売却すると決めるまでは、あまりご近所には知られたくないという声もよく聞きます。
簡易査定では不動産会社のスタッフがご自宅に伺うこともないので、近隣の方になにかを勘付かれる心配はありません。
まだなにも決まっていないけど、とりあえず簡易査定してみる方が多いのには、このような理由があります。

簡易査定のデメリット

実際の売却額と差が出ることがある
簡易査定では実際の物件の状態を確認することがないため、実際の売却額と差が出やすいというデメリットがあります。
データだけではわからないさまざまな情報が売却額に関わってくるので、簡易査定はあくまでも簡易なものとして捉えておくと良いでしょう。

しつこい営業をする不動産会社もある
簡易査定を受けたあと、しつこい営業をする不動産会社もあり、不快な思いをすることになるかもしれません。
なお、弊社ではお客様が望まない無理な勧誘をすることはありませんので、その点もご安心ください。

不動産売却における訪問査定のメリットとデメリット

不動産売却における訪問査定のメリットとデメリット

簡易査定の結果を聞いたあと、いよいよ売却してみようかと本格的に考えたときにおこなうことが多いのが訪問査定です。
今度は訪問査定のメリットとデメリットをご説明します。

訪問査定のメリット

より正確な売却査定額を知ることができる
訪問査定では不動産会社のスタッフが実際に現地を調査したうえで、データだけではない過去の経験と照らし合わせて査定額を算出します。
そのため、簡易査定よりも実際の売却額に近い査定額を出すことが可能になります。

不動産会社の良し悪しを判断できる
訪問査定では不動産会社のスタッフと直接話す機会となります。
そこで「この不動産会社は信頼できるか」「本当に任せられるか」を判断できる機会となります。
大切な不動産売却を任せるために、ご自身が納得できる不動産会社を選ぶ指標としても訪問査定は使えます。

直接アドバイスがもらえる
不動産会社スタッフが現地を確認することで、売却額をアップするためのプロ目線のアドバイスがもらえるかもしれません。
この部分をリフォームすれば売却額アップにつながる、など具体的なアドバイスや、さらにはご自分では気付かなかった物件のアピールポイントが聞けることもあります。
売却についての不安点も一緒に質問してみると良いでしょう。

訪問査定のデメリット

査定完了に日数がかかる
簡易査定に比べると、訪問査定では3~4日ほどの時間がかかります。
それだけ正確な査定金額を出しているということでもありますが、一刻も早く知りたい場合は待ち時間が長く感じてしまうかもしれません。

査定当日に在宅しないといけない
訪問査定の日には在宅して、不動産会社スタッフを家に入れる必要があります。
スケジュール調整も必要なうえに時間を取られることになり、これを手間に思う方も多いでしょう。

近隣に知られることもある
訪問査定に不動産会社スタッフが訪れることで、売却の検討をしていることを近隣住民が知ることになるかもしれません。
もしどうしても知られたくない場合は、事前にその旨を不動産会社に伝えておくと配慮してもらえます。

書類を揃える必要がある
訪問査定では、事前にいくつもの書類を揃えておく必要があります。
公図や測量図、登記謄本など、物件によってなにが必要かは違いますので、言われたものを揃えるようにしましょう。
準備に手間がかかることもありますので、時間に余裕を持って準備できると良いですね。

まとめ

不動産売却前におこなう、簡易査定と訪問査定についてご説明しました。
それぞれの特徴からメリットとデメリットをお伝えしたとおり、簡易測定は気軽に依頼できるぶん、その査定額は目安程度にとどめておくと良いでしょう。
訪問査定は書類準備など手間がかかりますが、より正確な査定結果が期待できます。
不動産の売却が気になるようなら、まずは簡易査定から始めてみてはいかがでしょうか。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|家を任意売却するとはどういうものか?競売との違いも解説   記事一覧   不動産売却における専任媒介とは?メリット・デメリットや注意点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


阪急日生中央ニュータウン花咲く丘の街 E棟

阪急日生中央ニュータウン花咲く丘の街 E棟の画像

価格
2,080万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県川西市丸山台1丁目
交通
日生中央駅
徒歩6分

伊丹市野間8丁目新築戸建

伊丹市野間8丁目新築戸建の画像

価格
3,880万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県伊丹市野間8丁目
交通
伊丹駅
バス19分 野間口 停歩2分

伊丹市南鈴原3丁目中古戸建

伊丹市南鈴原3丁目中古戸建の画像

価格
3,580万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県伊丹市南鈴原3丁目
交通
新伊丹駅
徒歩14分

宝塚市野上5丁目中古戸建

宝塚市野上5丁目中古戸建の画像

価格
2,500万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県宝塚市野上5丁目
交通
逆瀬川駅
徒歩18分

トップへ戻る